活動報告

掲載写真について:
個人情報保護のため、写真は患者様・御家族様個人が特定できないよう配慮しております。
また、ボランティアの皆様には御了承を得ております。




2022年11月5日・19日 患者様お誕生会

写真

当院を囲う紅葉に秋の深まりを感じます。今月も病棟毎にお誕生会を開催し、11月生まれの患者様方をお祝いいたしました。5日の4階西病棟では、自らお化粧をされる女性患者様の笑顔や、男性患者様による『君こそわが命』のカラオケで他の皆様も楽し気にお歌いになられる等、とても和やかなひとときに。2階東病棟ではレクワーカーによる『見上げてごらん夜の星を』の手話を用いた演奏を行うと、患者様方もご一緒に手話にチャレンジくださり、曲が終わると「いいねぇ!」と拍手が沸き起こりました。3階西病棟では病棟スタッフや、お誕生月ではない他の患者様もお祝いに駆けつけてくださり、とても賑やかにお祝いをお伝えすることができました。19日の3階中央病棟では今年100歳を迎えられた女性患者様へ、院長よりお祝い状の贈呈と記念撮影も行われ、お帰りに際にはスタッフへ手を振ってくださいました。3階東病棟では女性患者様がお祝いのデザートのプリンを「美味しい。」と何度も仰りながら召し上がりになるお姿に、大切な記念の日を豊かにお過ごしいただけたことと、私共も温かな思いに溢れました。

2022年10月1日・15日 患者様お誕生会

写真

10月のお誕生会も2日間に分けて病棟毎に開催を致しました。4階病棟ではスタッフよりご希望の女性患者様へお化粧もしております。患者様方からも大変好評で、5日の4階東病棟では真剣な表情で鏡を見つめ、「きれいだわぁ。」と、仕上がりにニコリ。4階西病棟では、ご出席の3名皆様が女性で、お互いに「きれいね。」と言葉を掛け合われ、街のサロンのような華やかな雰囲気となりました。同日の2階東病棟では病棟師長からのお祝いの声掛けに、男性患者様も大きく目を開け、温かな眼差しを病棟スタッフへ向けてくださいました。3階東病棟では100歳になられた女性患者様へ、看護部長よりご長寿のお祝い状を贈呈しますと、じっとお祝い状を見つめられ、そのご様子にスタッフ一同感慨深い想いを感じるひと時でした。19日の3階西病棟では、今年卒寿を迎えられる女性患者様が、ご家族様からの贈り物の鮮やかな藤色の半纏をお召しになりご出席。ひ孫様からの似顔絵やお手紙のプレゼントもお持ちくださり、それと一緒に記念撮影にも応じていただきました。3階中央病棟は患者様毎にお部屋でお祝いをし、女性患者様はお祝いのケーキを「美味しいわ。」と笑顔で召し上がられました。

2022年9月3日・10日 患者様お誕生会

写真

9月は24名の患者様がお誕生日をお迎えになり、2日間に分けて病棟ごとにお祝いを致しました。3日の4階東病棟では男性患者様が会が始まる前からお祝いのケーキを楽しみにしてくださっており、笑顔で完食。「楽しかった」と嬉しそうにご感想をくださいました。4階西病棟では皆様ベッドでのご出席ではありましたが、4名の方がお祝いのデザートを召し上がり、カラオケのコーナーでは女性患者様が『リンゴの唄』や『君といつまでも』を歌ってくださる等、和やかなひとときをお過ごしいただきました。3階東病棟では同世代の男性患者様3名がご出席され、音楽のコーナーでは皆様マイクや歌詞カードを手に『矢切の渡し』や『乾杯』等、貫禄の歌声をご披露くださいました。最後にお一方がアカペラで『知床旅情』をお歌いくださり、他の方々からも「いい歌声だった!」と感想が上がる等、とても温かな会となりました。10日の2階東病棟では病棟師長からのお祝いの言葉に女性患者様が「ありがとう。」と柔らかなご表情をお見せくださり、スタッフ一同大変嬉しい思いに溢れました。3階中央病棟では、カラオケのコーナーにて『想い出の渚』をおかけすると男性患者様に「懐かしいですか?」と伺うと頷いてくださいました。(3階西病棟は別日程にて、患者様それぞれのお部屋にてお祝いをお伝えすることとなりました。)

2022年8月6日・20日 患者様お誕生会

写真

猛暑日が続いた8月ですが、2日間に分けて実施したお誕生会はどちらも暑さが和らぎ過ごしやすい日となりました。6日の4階東病棟では女性患者様が鏡をご覧になりご自身でお化粧をされ、ヘアバンドも「どれがいいかしら。」と笑顔で選ばれているご様子に、ご出席の他の男性患者様もにこやかなご表情をされていました。4階西病棟では女性患者様がカラオケのコーナーにてリクエストされた『青い山脈』を素敵な歌声で披露してくださいました。2階東病棟、3階西病棟ではそれぞれの病室にてお祝いを致しました。同室の他の患者様方もご一緒に『ハッピーバースデー』を歌ってくださり、沢山のスタッフと共に記念写真の撮影も行い、とても賑やかなひとときとなりました。20日の3階東病棟では、女性患者様がご家族様等から届いたお誕生日の贈り物と共に記念撮影をされ、その後もプレゼントのフクロウのマスコット人形を優しいご表情で見つめていらしたのが印象的。別の女性患者様は東京ロマンチカの曲をリクエストくださり『小樽の人よ』をおかけすると歌詞カードをじっくり読んでいらっしゃいました。3階中央病棟では男性患者様が病棟スタッフからのお祝いの言葉に熱い眼差しで頷かれていました。

2022年7月9日・16日 患者様お誕生会

写真

7月は20名の患者様がお誕生日を迎えられ、病棟毎にお祝いをいたしました。9日の4階東病棟では、お化粧をされた女性患者様へ「素敵ですね。」と病棟スタッフが声掛けすると、照れながらも笑顔を浮かべてくださいました。会の後半では『ヴォーカルアンサンブル’丘’』の皆様による演奏映像を上映し、美しい歌声に皆様うっとりとしたご表情で鑑賞されていました。2階東病棟ではジャズがお好きな男性患者様から「ルイ・アームストロングの曲を。」とリクエストいただき、『この素晴らしき世界』をおかけしますと歌詞カードを見つめながらじっくりと聴き入られているご様子。3階西病棟では長渕剛のファンという男性患者様が『乾杯』を歌詞カードを見ずとも熱唱してくださり、会場を包むような拍手が沸き起こりました。3階東病棟と4階西病棟の6月・7月生まれの患者様方は各病室にてお祝いをお伝えし、お誕生日のデザートもお召し上がりいただきました。16日の3階中央病棟では『東京音頭』をおかけすると患者様方からも「ヤートナソレヨイヨイヨイ!」と合いの手のお声も上り、とても温かな会となりました。

2022年6月11日・18日 患者様お誕生会

写真

6月のお誕生会は2日間に分けて開催をしました。11日の2階東病棟では、女性患者様がスタッフからのお祝いの言葉に「ありがとう。」と何度も仰られ、音楽のコーナーでは手でリズムをとり会場を盛り上げてくださいました。3階西病棟ではレクワーカーからのお祝いのパフォーマンス『見上げてごらん夜の星を』の手話を用いた演奏に、患者様方も挑戦してくださいました。会の最後には、今年95歳になられる男性患者様がイタリア語による『サンタ・ルチア』を披露くださり、素晴らしい歌声に皆様からの拍手が響きました。4階東病棟では6月生まれの方がお一人でしたので、ゆっくりとお祝いをお伝え致しました。(4階西病棟の6月生まれの皆様は7月と合同でお祝いさせていただきます。)18日の3階中央病棟・3階東病棟合同会場では、この日ご参加の半数が90歳以上となりました。その中で最高齢となる今年101歳になられる女性患者様へは、他の皆様からもお祝いの言葉が贈られ、「ありがとう。」と嬉しそうにお話くださいました。そのご様子に皆様も穏やかご表情をされていました。どちらの日も梅雨空となりましたが、どの会場も患者様の笑顔が溢れる賑やかな会となりました。   

2022年5月14日 患者様お誕生会

写真

5月も半ばになり、爽やかな風が頬を撫でる日も多くなりました。当院の周りでも生命の息吹が感じられ、様々な生き物のエネルギーに満たされています。5月14日は曇り空ではありましたが、15名の患者様のお誕生日をお祝いさせて頂きました。4階東病棟では102歳になられた女性患者様へ院長よりお祝い状の贈呈が行われ、スタッフ一同、皆様で長寿を祝福いたしました。『フランク永井』の曲をカラオケで歌われたり、ケーキを美味しそうに召し上がられ楽しいひと時となりました。3階の会場でも沢山のスタッフが参加し、お祝いの言葉をかけられた男性患者様は大変喜ばれ感涙されておりました。『野ばら』や『おお牧場はみどり』を声を合わせて歌い、『見上げてごらん夜の星を』も手話の動きをスタッフ全員で行い、会場全体が大合唱に包まれました。参加者の気持ちが一体となったとても温かな雰囲気に他の患者様も見に来られ、生きてきた喜びを感じられる素晴らしいひと時を過ごすことができました。2階東病棟は病室でのお祝いとなりましたが、それぞれの患者様が若いスタッフと一緒に記念写真に納まり、ハッピーバースデイをレクワーカー全員で歌い、こちらも温かみの感じられるほのぼのとしたひと時となりました。

2022年4月9日・22日・23日 患者様お誕生会

写真

4月は3日間に分けて開催し、18名の患者様のお誕生日をお祝いさせていただきました。9日は2階東病棟で101歳になられた女性患者様へ院長よりお祝い状の贈呈が行われ、3階中央病棟では音楽のコーナーで『昴』をおかけすると以前コーラスをされていた男性患者様が曲に合わせてお声を聞かせてくださいました。22日には3階西病棟にて各患者様のお部屋で沢山の病棟スタッフからハッピーバースデーの歌が贈られ、目を大きく開いてスタッフを見渡すと嬉しそうに頷かれた女性患者様が印象的でした。23日は4階東病棟で女性患者様がお化粧をしてご出席。カラオケのコーナーでは『この世の花』を熱唱され、お祝いのケーキも「美味しい。」と完食されました。3階東病棟では女性患者様がお孫様からの折り紙でできたお花のアレンジと共にご出席され、記念写真にも柔らかなご表情で応じてくださいました。雨天も多かった4月でしたが、どの日も陽春に恵まれ、和やかなひとときとなりました。

2022年3月12日・19日 患者様お誕生会

写真

寒さも和らぎ梅やこぶしが咲く季節となりました。里山の風景が広がる当院の周りでは気の早いウグイスの美しい歌声がちらほらと聞かれます。3月は42名の患者様がお誕生日を迎えられ、それぞれの病棟ごとにお祝いをさせていただきました。2階東病棟では、100歳の御祝に合わせて、ご一族様から沢山のメッセージが書かれた華やかな、愛情のこもった手作り色紙が披露され、師長始めスタッフ皆もご家族様の愛情に感激し写真撮影を行いました。その様子にご本人も嬉しそうにされているのが印象的な会となりました。3階の各病棟では、3月からのレクワーカーからの祝演奏である、手話歌の『見上げてごらん夜の星を』を患者様もご一緒に手話をしつつ口ずさまれ、気持ちを一つに出来たように感じられた温かみのあるお祝いの会となりました。4階病棟では104歳を迎えられた方も参加され、院長よりご長寿のお祝い状贈呈、スタッフからは拍手が沸き起こり、カラオケで『旅笠道中』や『哀愁列車』を歌われ賑やかな会となりました。

2022年2月12日・19日 患者様お誕生会

写真

北京で開催の冬季オリンピックが盛り上がりを見せたこの2月。29名の患者様方がお誕生日を迎えられました。12日、2階東病棟では男性患者様がお祝いのショートケーキを完食後「美味しいね。」とニッコリ。3階中央病棟ではオリンピックをイメージし唱歌『スキー』をおかけすると、一緒に手を動かしリズムをとってくださいました。19日、4階西病棟では女性患者様方がお祝いのプリンを召し上がりながら、紅茶を手に乾杯をされていました。3階東病棟では101歳を迎えられた女性患者様へ院長からのお祝い状の贈呈があり、記念撮影に柔らかなご表情で対応くださいました。3階西病棟では、男性患者様が “今日の主役です” と書かれた襷を掛け、小太鼓を手にご出席。『北酒場』がかかるとリズム良く太鼓を打ち鳴らし場を盛り上げてくださいました。お誕生会ではお祝いの言葉をお伝えすると、目を潤ませて「ありがとう」と返してくださる患者様が多くいらっしゃいます。そんな温かな患者様方のお気持ちに寄り添って、今後も心を込めてお祝いをさせていただきたいと思います。

2022年1月31日・2月2日 節分イベント

写真

今年も当院恒例の年中行事である節分イベントを開催しました。患者様方には鬼に仮装したスタッフ目掛け、豆(紙を丸めて豆に見立てたもの)を投げていただきました。鬼が現れると、最初は大きく目を開かれ驚いたご表情の患者様が多く、その後にっこりされていました。女性患者様の中には豆を投げずに鬼へ贈り物のように丁寧に手渡たされる方も。「可愛いわねぇ。頑張って。」と微笑まれ、退室時には手を振ってまでくださいました。男性患者様の中には、一度イメージトレーニングをして豆を投げる準備をされる方もいらっしゃり、「豆撒きなんて子どもの時以来だよ!」と、昔を思い出されたのか普段より無邪気な笑顔を浮かべていらっしゃいました。短い時間ではございましたが、各病棟内に「鬼は外!福は内!」の掛け声や小太鼓の音が響き、邪気を追い払うべく、賑やかなひと時をお過ごしいただきました。  

2022年1月15日・22日 患者様お誕生会

写真

透き通るような青空のもと、1月は病棟毎にお誕生会を開催し29名の患者様をお祝いさせていただきました。15日開催の3階西病棟では病棟ナースに囲まれて優しい笑顔とピースサインで記念写真に写ってくださる患者様もいらっしゃいました。3階中央病棟の思い出の音楽コーナーでは、ご本人様がお好きな歌手の曲を流すと、普段は大きく感情を表出されない女性患者様が感極まって涙を流され、そのご様子に私共スタッフも感激いたしました。4階病棟ではベッドでご参加の患者様がカラオケで『リンゴの唄』『青い山脈』を歌ってくださり会場も盛り上がりました。22日開催の3階東病棟では懐かしの昭和歌謡曲をおかけしながら、穏やかな雰囲気で写真撮影を行い、2階東病棟では普段音楽は遠慮される女性患者様もとても表情良く手拍子をしてくださり、何度も「ありがとう」と仰られたことが印象的でした。この長く続くコロナ禍において、ご家族様の想いもお預かりして、より一層患者様に寄り添ったケアを行っていきたいと強く感じ、気持ち新たに努めて参りたいと思っております。

2021年12月20日 クリスマスイベント

写真

今年は4日間にわたり各病棟毎にサンタとトナカイ、音楽隊が病室を巡回し、病棟スタッフとの記念撮影等も行ないました。2、3階病棟では『赤鼻のトナカイ』や『サンタが街にやってくる』の明るい曲の際には手を高く上げ手拍子で盛り上げてくださったり、「Hey!」と掛け声をかけてくださる患者様もいらっしゃいました。2階東病棟ではご入院前に愛用されていたというお帽子を被られステッキをお手に取り「やぁ!」と迎えてくださり、スタッフに「ありがとう」とお声をかけてくださった男性患者様に感動いたしました。今年はレクワーカーが弾く電子ピアノをクリスマス仕様にアレンジし、雰囲気作りもご好評いただきました。4階病棟では作業療法士による手品や病棟スタッフ金直子さんからの『ペチカ』等の歌のプレゼントもあり、最後には『ジングルベル』をデイルームにお集まりの患者様方と一緒に鈴と歌の合奏をしました。サンタやトナカイに扮したスタッフに温かな眼差しを向けてくださる患者様方のお優しさが心に沁みる、笑顔溢れるクリスマスイベントとなりました。  

2021年12月4日 患者様お誕生会

写真

凛とした空気に冬らしさを感じるようになったこの日、患者様26名のお誕生日をお祝いいたしました。4階東病棟では11月生まれの方々と合同での開催となり、患者様同士「あら、同い年ね。」とお話に花が咲き、和やかなひとときとなりました。4階西病棟では普段カラオケでは歌われない女性患者様も、マイクを手に『南国土佐を後にして』をお聴かせくださいました。3階中央病棟・2階東病棟合同の会では100歳を迎えられた女性患者様へ院長からの御祝い状が贈呈され、他の患者様方からも拍手が沸き起こりました。3階東病棟・3階西病棟合同の会では男性患者様が「特別に、特別に美味しいです。」とお祝いのケーキを笑顔で召し上がられました。星影のワルツの替え歌『幸せのワルツ』をピアノ伴奏によりご紹介した際には「こんなのがあるんだね」とのお声が上がり、メロディに合わせ皆様でお歌いくださいました。

2021年11月13日 患者様お誕生会

写真

11月は病院全体で19名の患者様がお誕生日を迎えられました。小春日和の穏やかな午後、2階、3階は一番大きなデイルームにて2回に分かれてお誕生会を開催しました。2階東病棟の男性患者様は、音楽コーナーでマイクを握られ『ブルー・シャトウ』や『港町十三番地』等を歌ってくださいました。3階東病棟の女性患者様はご出席の皆様の胸に付させていただく手作りのコサージュ花や会場正面のボードのお祝い飾り花に「綺麗ね」と優しくお声掛けくださり感激いたしました。3階中央病棟と3階西病棟合同の会では、スイーツにあまりご興味を示されなかったという女性患者様がプリンを召し上がり「美味しいよ」と仰り笑顔を見せてくださいました。4階東病棟では普段あまりお話をされない男性患者様が、スタッフからのお祝いの言葉に奥様も11月生まれであることをご紹介くださり、職員に何度も「ありがとう」とお声掛けくださいました。今月も患者様方の優しさ溢れたアットホームなお誕生会となりました。

2021年10月16日・23日 患者様お誕生会

写真

10月のお誕生会は病棟毎に2日に分けて開催いたしました。16日の2階東病棟では皆様ベッドでご出席、男性患者様が音楽に合わせ軽快に大きく腕を動かされリズムを取り盛り上げてくださいました。3階東病棟では、師長より患者様のご紹介とお一人ずつへのご挨拶があり、穏やかな眼差しでじっと見つめる患者様方が印象的でした。4階東病棟では95歳になられた女性患者様がお祝いのくす玉を割ってくださり皆様感激されました。4階西病棟は10月生まれはお一人様で個別にお祝いさせていただきました。23日の3階中央病棟では音楽のコーナーで女性患者様が綺麗なソプラノのお声を披露され、3階西病棟では女性患者様が病棟スタッフからのお祝いの言葉に、お話はされませんが一人一人を見つめゆっくりと頷いて伝えられるその眼差しに大変胸が熱くなりました。どちらの日も秋の爽やかな風に包まれる中和やかな会となりました。

2021年9月11日・13日・18日・27日 敬老のお祝いイベント

写真

今年は64名の患者様が喜寿以上の節目祝歳をお迎えになり、病棟毎に4日に渡りお祝いの会を開催いたしました。代表患者様への院長からのお祝いカードの贈呈の際には、周りの患者様方が拍手を送られたり、「凄いね!」と最高齢の患者様に感激のお声をかけられたりと心温まる光景も見られ、お優しい患者様方に感謝の想いでいっぱいの敬老月間でした。その後、今年は新型コロナ感染症感染予防対策のためボランティアの演奏者をお迎え出来ないため、レクリエーションワーカー4人で唱歌や昭和歌謡曲演奏、東京音頭は踊りとお囃子をお届けいたしました。お馴染みの『ブルーライトヨコハマ』と『上を向いて歩こう』では、患者様に鈴でリズムを取っていただましたが、練習無しにも関わらず、皆様息の合った演奏をしてくださり、途中のリズム変更も難なくこなされ、感激いたしました。一日も早くご家族様と改めてお祝い出来ますことをお祈りしつつ、病院職員一同、年に一度の敬老の日に寄せて、心を込めて患者様方のご長寿をお祝いさせていただきました。  

2021年9月4日 患者様お誕生会

写真

一雨ごとに涼しさが増し過ごしやすくなるこの季節、9月のお誕生会も小雨交じりの一日でしたが、4回に分けて26名の患者様をお祝いをさせていただきました。4階病棟では男性患者様が院長と世代が近くお話が弾み、皆様からのインタビューにご丁寧に応えられたり『君といつまでも』を楽しそうに歌われました。2階東病棟・3階東病棟の会では男性患者様がリクエストの『娘よ』を台詞付きで熱唱くださり大きな拍手が起こりました。またケーキを召し上がられた男性患者様方が「自宅では普段からケーキなんて食べないけど、何年かぶりに食べてみて美味しかったよ」と笑顔で話されました。3階中央病棟・3階西病棟の会では、音楽コーナーの『故郷の空』や『学生時代』の曲にご自身の思い出を重ねられ、お話くださる女性患者様もいらっしゃいました。またお祝いのトーンチャイム演奏に頷きながらリズムをとられ優しく見守ってくださるご様子も見られました。どの会場でもご家族様との記念撮影は出来ませんでしたが病棟スタッフとの賑やかな記念撮影もあり、和やかな会となりました。

2021年8月7日 患者様お誕生会

写真

秋の訪れが待ち遠しいこの季節、今月は病院全体で21名の患者様がお誕生日を迎えられました。4階西病棟では、ある女性患者様が昔フラダンスを習っていたということで、皆様で手の振りをつけてご一緒にフラの音楽を楽しみました。4階東病棟はデイルームでの開催となり、『真赤な太陽』の音楽に合わせてスタッフがタンバリンを叩き、デイルームでお過ごしの他の患者様方もご一緒に盛り上がりました。3階全病棟合同の会では、スタッフからのお祝いの言葉に手を挙げて「ありがとう。」と笑顔を見せてくださった男性患者様に、会場からたくさんの拍手が沸き起こりました。2階東病棟では、スタッフが手作りしたピンク色のコサージュを胸に飾らせていただくと、優しい眼差しでゆっくりと頷かれた女性患者様も。また、お祝いのケーキを召し上がった患者様は、「こんなに美味しいのは食べたことがない。一人で全部食べていいのかしら。」と目を輝かせ、大変お喜びいただきました。皆様の笑顔溢れる、素敵な時間となりました。

2021年7月17日 患者様お誕生会

写真

7月は病院全体で14名の患者様がお誕生日を迎えられ、フロア毎にお祝いをさせていただきました。4階東病棟の会では患者様方が『リンゴの唄』等、カラオケ伴奏で皆様盛り上げてくださいました。4階西病棟の7月生まれの患者様はお一人だけでしたがケーキをご堪能くださったとスタッフに笑顔いっぱいにお話しになられました。3階会場では、院長からの患者様お一人ずつのご紹介に、女性患者様が高く手を掲げお応えくださり拍手が起こりました。皆様、それぞれの病棟スタッフとお話しながら和やかな雰囲気でお過ごしでした。2階東病棟も患者様お一人での開催となりましたが、院長からのお祝いの挨拶後、男性患者様が「ちょっといいですか」とお声掛けになり、その後お誕生会開催への労いとご感想や有難いお礼のお言葉をゆっくりとお話くださいました。温かくご丁寧なお言葉にスタッフ一同感激し、そして改めて身の引き締まる思いで伺っておりました。ご家族様にご出席いただけないお誕生会が続いていますが、今後も患者様のお気持ちに寄り添えるよう尽力いたします。

2021年6月12日 患者様お誕生会

写真

梅雨入り前の貴重な晴れ間となったこの日、17名の患者様のお誕生日をお祝いさせていただきました。3階全病棟合同の会では今月も100歳を迎えられた女性患者様がいらっしゃり、院長よりご長寿の御祝い状を贈呈し記念撮影を行いました。音楽のコーナーでは94歳になられた男性患者様がどの曲でも素敵な歌声をご披露くださりとても和やかな会となりました。2階東病棟ではお祝いのケーキを男性患者様が「美味しいです。」と笑顔でお召し上がりになる姿が印象的でした。4階東病棟では男性患者様へ今年の目標を伺うと「もう一人子どもが欲しいな!」とのお言葉で会場に笑顔が溢れました。4階西病棟では各お部屋でのお祝いとなり、個室の患者様には担当医が駆けつけ、大部屋の方には同室の他の患者様もご一緒に『ハッピーバースデー』を歌ってくださるなど、とても賑やかにお祝いをさせていただきました。  

2021年5月15日 患者様お誕生会

写真

初夏らしく爽やかな風が木の葉を揺らす季節となりました。明るい陽射しが射し込む中、この日は病院全体で21名の患者様のお祝いをさせていただきました。4階西・東病棟では、101歳を迎えられた女性患者様のご紹介に「素晴らしい!」と患者様同士が称え合う場面に、会場は温かい拍手に包まれました。3階西・3階中央病棟合同の会では病棟スタッフが多く参加し、賑やかにお祝いさせていただきました。音楽のコーナーでは、男性患者様が「東京ブギウギ」の音楽に合わせて手でリズムを取ってくださり、ある女性患者様は歌詞カードを熱心にご覧になりながら笑顔でご鑑賞くださいました。2階東病棟では2名の患者様がベッドでご出席になり、患者様お一人お一人にお祝いの言葉をおかけしました。お誕生日占いの書かれたカードや昭和のスターをまとめた資料をご覧いただきながら、ゆったりとしたお時間を過ごされたご様子です。  

2021年4月24日 患者様お誕生会

写真

暖かな日が続き、当院の花壇では一足早く初夏の花が彩りを見せています。4月は18名の患者様をお祝いさせていただきました。4階西・東病棟では、それぞれ少人数ではありましたが、カラオケのコーナーで『青い山脈』等が歌われ、和やかなひと時を過ごされました。3階西・3階中央病棟では各患者様のお部屋にて『ハッピーバースデー』を歌ったり、お祝いをお伝えすると、「あぁ。」と噛みしめるように頷かれる男性患者様もいらっしゃいました。3階東病棟では、お祝い用のプリンの感想を伺うと満面の笑みを浮かべてお気持ちを伝えてくださいました。2階東病棟では100歳を迎えられた女性患者様もご出席になり、院長より御祝い状の贈呈が行われました。病棟スタッフからの「良かったね。」というお声掛けに表情を和らげられたのが印象的でした。また、手作りの花をちりばめたお祝いのボードをじっと眺めていらした女性患者様が「綺麗。」と呟いてくださり感激致しました。引き続き患者様にとって、少しでも楽しいお誕生会となるよう心を込めて開催して参ります。  

2021年3月6日・13日 患者様お誕生会

写真

3月のお誕生会は病棟毎に2日に分けて開催いたしました。6日の2階東病棟ではお祝いのケーキやプリンを召し上がられた患者様より「美味しい!」とのお声が上がり、3階西病棟では病棟スタッフより患者様へたくさんのお祝いの言葉が贈られ、どちらも和やかな会となりました。13日の3階東病棟では女性患者様が病棟スタッフに髪を編み込みにスタイリングして貰い、鏡でご自身をご覧になり「素敵!嬉しいわ!」と拍手をされ、院長からのお誕生日の方のご紹介に手を上げてくださる様子が印象的でした。3階中央病棟でもオールバックに髪型を整えられた男性患者様が病棟スタッフとの記念写真に快くポーズをとられ、歌のコーナーでもマイクを手に歌声を披露してくださいました。4階西病棟では101歳を、4階東病棟では103歳を迎えられた患者様がご出席になり、それぞれ院長よりご長寿のお祝い状とお祝いのお言葉をお伝えしました。嬉しそうなご表情に、他の患者様からもお祝いの拍手が沸き起こりました。この日は生憎、春の嵐の中での開催となりましたが、皆様お楽しみいただけたようです。  

2021年2月20日・27日 患者様お誕生会

写真

どちらもうららかな春の陽気の中、2月にお生まれの31名の患者様をお祝いさせていただきました。20日の2階東病棟では、ご入院されて間もない患者様もご出席され、看護部長からのお祝いのお声がけに「ありがとう。」と笑顔をみせられました。3階中央会場では男性患者様が音楽のコーナーにて『赤いハンカチ』をおかけすると素敵な歌声をご披露くださり、和やかな雰囲気となりました。27日は4階西・東病棟共にお祝いのケーキやプリンを召し上がられる患者様から「美味しい。」とのお声も。「美味しいから(院長)先生にもあげたいわぁ!」と仰られる女性患者様の優しいお言葉に感激しました。3階東病棟では、100歳を迎えられる女性患者様に、院長よりご長寿のお祝い状を贈呈し、ご出席の患者様からも温かな拍手が贈られました。3階西病棟では男性患者様が会の最後に健康であることの大切さをお話くださり、続いて手締めのかけ声を仰られ会場いっぱいに三本締めが鳴り響きました。

2021年1月30日・2月1日 節分イベント

写真

春の始まり『立春』の前日が『節分』ですが、今年は明治30年以来124年ぶりに2月2日になったそうです。患者様方にもお馴染みの当院恒例の行事、今年も沢山の患者様が鬼にめがけ「鬼は外!」と豆に見立てた紙球を投げ、悪い邪気を追い祓ってくださいました。女性患者様の中には鬼役の職員に遠慮され、柔かい玉でも投げずにポンと当てるだけの方もいらっしゃり、「頑張ってね」と励ましてくださる方などお優しい患者様方に感激いたしました。デイルームやお部屋での記念撮影では日本の伝統的季節行事を思い出してくださったご様子で、「福は内!」と自然にお声を出されながらポーズをとられる患者様もいらっしゃいました。短い時間でしたがご入院生活では感じにくい季節の移り変わりを少しでもお楽しみいただきたいとの思いを込めて、病棟スタッフからの手作りコスチューム等も加わり、賑やかに開催いたしました。  

2021年1月16日・23日 患者様お誕生会

写真

1月は2日間に分けて各病棟毎に開催、34名の患者様のお祝いをさせていただきました。16日の2階東病棟では女性患者様方が日本の冬の景色や行事、平成時代の出来事をまとめた資料にご関心を寄せてくださり、ご一緒に懐かしんでいただきました。3階西病棟では看護師達からのお祝いに穏やかな表情の患者様方が印象的でした。23日の4階会場では開始時眠そうにされていらした患者様がお祝いのケーキのご案内にお目覚めになり「美味しい!」とお喜びのお声をくださいました。3階中央病棟では音楽コーナーで女性患者様が普段ほぼ動かされないお御足を音楽に合わせてリズムを取られ、そのご様子にスタッフが感激する場面もありました。3階東会場では院長からの紹介に「あら?もう少し若いわよ。なんて、冗談よ。」と笑顔でお応えになりケーキにもご感想をくださいました。ご家族様方にご出席いただけず残念でしたが、どの病棟でも師長はじめスタッフより沢山お声掛けをさせていただき、患者様との和やかな雰囲気のお誕生会となりました。  

2020年12月19日 クリスマスイベント

写真

今年のクリスマスイベントでは、11月のロビーコンサート御出演予定だった麻生総合高校合唱部の皆様の演奏を録画し、デイルームでは上映、病室では音を流して巡回し、その音楽を鑑賞いただきました。多くの患者様が、ひたむきに歌う生徒さんたちの姿に心が洗われるようだったと仰ってくださり、優しい笑顔を見せられました。2階東病棟(18日)では、病棟スタッフがサンタと雪ダルマに扮してお声掛けをし、患者様と記念撮影をしました。「良く似合ってる!可愛いわ!」と嬉しいお声も上がりました。3階中央病棟(21日)も各病室を巡回し、男性患者様からはサンタ姿の職員に、「メリークリスマス♪」と先に手を挙げながら仰っていただく場面もありました。4階病棟(19日)では、西・東病棟別々の時間帯に開催、最初に麻生総合高校の合唱録画ビデオをスクリーン上映すると、自然にご一緒に口ずさまれる患者様が沢山いらっしゃいました。その後、職員の手品披露やピアノ演奏録音に合わせ歌ったり鈴の演奏もお楽しみいただきました。3階東病棟(25日)の上映後には初めてご出席の男性患者様より「歌が上手で驚いた、来て良かったよ。」と嬉しいご感想をいただきました。3階西病棟(24日)では、開・閉会のお言葉を患者様代表が仰ってくださり、最後にはサンタクロースのご衣裳をお召になった患者様から、皆様へのプレゼントタイムも行われ大変盛り上がりました。感染対策に注意しながら、少しでも季節の行事でご気分転換いただけるよう心を込めてお届けしました。患者様の楽しそうな笑顔に、それぞれの病棟が温かな空気に包まれたひと時でした。   

2020年12月5日 患者様お誕生会

写真

冬らしい凛と冷たい空気を感じるようになったこの日、12月生まれの患者様のお誕生会を開催いたしました。3階東病棟では患者様お一人ずつに病棟師長が寄り添いお声がけをし、和やかに視線を交わされる様子が印象的でした。2階東病棟では女性患者様が「ケーキは大好きだから嬉しいです。」と仰られゆったりとお召し上がりになり、音楽のコーナーでは『上を向いて歩こう』や『いとしのエリー』を病棟スタッフと皆で歌う和やかなひとときとなりました。4階西・東病棟合同会場では、院長からの御祝状の贈呈の際、男性患者様がミトンをはめた両手で受け取られ、会場一杯に拍手が沸き起こりました。普段はあまり食が進まない方も、お祝いのデザートのプリンを完食され喜ばれていました。この日は個別にお祝いをさせて頂いた患者様もいらっしゃり、それぞれの病室にて『ハッピーバースデー』を歌わせていただきました。

2020年11月14日 患者様お誕生会

写真

七五三の子ども達の笑顔眩しいこの季節、今月は病院全体で15名の患者様がお誕生日を迎えられました。3階中央病棟では病棟スタッフとの記念写真撮影時に「ご家族様にお届けしましょう。」とお声掛けをすると患者様方が微笑んでくださいました。ある男性患者様はお祝いのカード等への感想に加え、「ありがとうございます。」とご丁寧なお礼のお言葉を何度も仰られ、スタッフ一同胸を熱くいたしました。4階両病棟合同の会ではご出席の全患者様がケーキやプリンをお召し上がりになり、皆様にこやかに、ゆったりお過ごしいただくことが出来ました。2階東病棟では普段あまりお話にならない女性患者様がレクワーカーのトーンチャイム演奏『富士山』の歌を口ずさまれ、涙を浮かべられました。病棟スタッフも感激のお声掛けをし、その後男性患者様にはトーンチャイム演奏も体験していただきながら再度歌いました。これからも患者様方のお気持ちに寄り添えるよう職員一同尽力してまいります。

2020年10月17日・24日 患者様お誕生会

写真

10月のお誕生会は2日間に分けて各病棟ごとに開催し、24名の患者様をお祝いさせていただきました。17日に行われた4階西・東病棟合同の会では、院長による御出席された患者様のご紹介に感激され、握手を求められた男性患者様の姿が印象的でした。3階中央病棟では音楽のコーナーにて男性の患者様方が素敵な歌声をご披露くださり、病棟スタッフからのお祝いの言葉に女性患者様が「ありがとう、うれしい。」とお話されていました。3階西病棟では患者様各々のお部屋にて病棟スタッフ一同が『ハッピーバースデー』を歌うと、涙を流される女性患者様もおられました。24日の3階東病棟の会は、少ない人数の御出席となりましたが患者様お一人お一人に、病棟師長からの声掛けがあり、温かな雰囲気のひとときとなりました。2階東病棟ではレクワーカーによる『富士山』のトーンチャイム演奏に、どの患者様も驚いた表情で楽器を見つめられ、最後には笑顔でご一緒に口ずさんでくださいました。

2020年9月14日・26日 敬老のお祝いイベント

写真

今年は48名の患者様が喜寿以上の年祝いをお迎えになられ、病棟毎にデイルームにてお祝いさせていただきました。その内4名の100歳以上の患者様も全員がイベントにご出席くださいました。最初に職員一同からの日頃の感謝とご長寿をお祝い申し上げると「ありがとう、嬉しいわ!」とにこやかにお返事くださる女性患者様や、ご長寿の秘訣を伺うと「こうやって皆で集まれること。」と仰る男性患者様もいらっしゃいました。院長からの代表患者様への御祝い状贈呈後は『Tit For Tat』のアコーディオン・デュオの演奏と腹話術をお祝いにお届けしました。今年は生演奏が行えないため、録画映像にて『365歩のマーチ』から始まり、アニメ・アルプスの少女ハイジの主題歌『おしえて』ではオカリナの音色もお聴きいただきました。アコーディオンの速弾きに目を丸くされる患者様もいらっしゃいました。病棟スタッフからのメッセージ入りの御祝い状はご家族様にもお見せしたいと大切にお持ちになる患者様もいらっしゃり胸が熱くなりました。一日も早い新型コロナウイルスの感染終息を祈りながら、患者様方の御心に寄り添えるよう努めて参ります。

2020年9月12日 患者様お誕生会

写真

一雨ごとに秋色が加わっていくこの季節、25名の9月お生まれのお誕生会をフロア毎に開催しました。3階全病棟合同の会場は、多くの患者様がご出席くださり、音楽コーナーでは、お洒落なアレンジの唱歌『旅愁』やリクエスト曲の『糸』を歌ってくださった患者様の、久しぶりに歌われるご様子に、病棟スタッフも感激しておりました。2階東病棟の患者様方は開始前にヘアスタイルを整えられにこやかなご表情でご出席、ゆっくりお過ごしいただきました。4階フロアでは、カラオケタイムに男性患者様が『ここに幸あり』を熱唱され大変盛り上がりました。続く面会制限に寂しい想いをされている患者様方に、少しでも笑顔のお時間が増えますよう、職員一同尽力してまいります。

2020年8月8日 患者様お誕生会

写真

8月もフロア毎に分かれて、病院全体で24名の患者様を面会制限中のためご参加いただけないご家族様の分も、心を込めてお祝いさせていただきました。2階東病棟では4名の患者様がベッドでご参加、会場いっぱいに賑やかに開催しました。記念写真撮影時には女性患者様同士、「この方綺麗だからお先にどうぞ」等、笑顔でお話されていらっしゃいました。3階東・西病棟合同の会場では、男性患者様が院長からの8月生まれの皆様ご紹介時に颯爽とお手を挙げられるお姿がとても素敵でした。両病棟とも男性患者様が病棟スタッフからマイクを向けられるとにっこりされ、音楽コーナーを盛り上げてくださいました。4階ではお祝いケーキにのっていたキウイフルーツが美味しかったとのご感想をいただきました。会場にお越しにならなかった患者様方には病室にてお祝いさせていただいております。

2020年7月11日 患者様お誕生会

写真

7月は病院全体で16名の患者様がお誕生日を迎えられます。2、3階会場では先月から、バースデーカードの記載内容が’誕生日占い’に変わりご好評いただいております。患者様お一人ずつに書かれたご性格の特徴等、それぞれ違ったメッセージに「当たっているかも!」と笑顔になる患者様のご様子に、会場全体が一気に華やぎました。3階中央・3階東・3階西病棟合同の会場では、男性患者様が低音の魅力的なお声で『有楽町で逢いましょう』『夏の思い出』等を照れながらも豊かに歌ってくださいました。最後にレクワーカーのトーンチャイム演奏に合わせて、ご出席の患者様と病棟スタッフ全員で『富士山』を歌いました。4階ではお化粧をされたりお洒落をされた患者様方がデザートタイムもゆっくりお楽しみいただきました。

2020年6月20日 患者様お誕生会

写真

梅雨の晴れ間となったこの日、6月がお誕生月である19名の患者様のお誕生会を、それぞれのフロア毎に開催いたしました。3階中央・3階西病棟合同の会場では、男性患者様同士が「おめでとうございます」とお声を掛け合われ、お祝いのケーキを前に「やっぱりいいもんだね」と嬉しそうにされていたのが印象的でした。3階東病棟では病棟師長やスタッフとの記念撮影に嬉しそうに涙される男性患者様のお姿もあり、会場全体が温かな雰囲気に包まれていました。4階ではカラオケタイムもあり賑やかに楽しんでいただきました。どの会場でも窓からやわらかな日が差し込む中、院長はじめ病棟師長やスタッフからのお祝いの言葉をかけさせていただきますと、皆様目元を緩められ、頷いてくださいました。患者様方にとって、大切な記念日を、病院生活の中での和やかなひと時となりますよう、職員一同心を込めてお誕生会を開催してまいります。

2020年5月9日 患者様お誕生会

写真

今月のお誕生会は全病棟9日に開催しました。4階にて、ベッド上で院長からお祝い状贈呈をされた患者様は、医師やスタッフの拍手に嬉しそうなご様子でした。2階と、3階全病棟合同の会では、看護部長、各病棟師長をはじめ病棟スタッフも多くご一緒し『Happy Birthday』の曲を賑やかにお届けしました。『茶摘み』や『みかんの花咲く丘』の季節の曲に、思い出をお話くださる患者様や、NHK朝の連続ドラマ主人公の古関裕而作曲の『高原列車は行く』の曲等ご一緒に口ずさまれる患者様もいらっしゃいました。御家族様にお越しいただけない状態が続いておりますため、面会制限中のお誕生会記念のお写真は翌月初旬にご家族様にお渡ししております。撮影時には患者様に「ご家族様にお届けします」とお声掛けをすると、笑顔になられます。職員一同、より一層誠心誠意努めて参りますので、どうぞご安心ください。

2020年4月4日 患者様お誕生会

写真

桜満開の午後、4月のお誕生会では100歳と103歳を迎えられた女性患者様がいらっしゃり、院長よりお祝い状が贈呈されました。院長との記念撮影では、お二方ともとても素敵な笑顔をみせてくださいました。4月も面会制限中で御家族様にはご出席いただけませんでしたが、病院全体で22名の患者様をお祝いさせていただきました。2階、3階病棟では、レクワーカーのピアノ伴奏で合唱曲としても親しまれている楽曲『花』や『ローレライ』を患者様方とご一緒に歌唱、昔合唱団所属の患者様は特に懐かしまれたご様子でした。4階病棟はカラオケでもお楽しみいただきました。この春も、皆様に安心してお過ごしいただけますよう職員一同、心を込めて対応させていただきます。

2020年3月7日・21日 患者様お誕生会

写真

新型コロナウイルスの感染拡大により当院でも2月末より面会制限を実施することとなり、3月のお誕生会は御家族様にはお越しいただけず、患者様と職員での開催となりました。3月は病院全体で41名と多くの患者様がお誕生日を迎えられ、御家族様に代わり、病院スタッフ一同で心を込めてお祝いさせていただきました。4階病棟では、節目お祝い歳を迎えられた患者様にお祝い状が贈呈され、院長と笑顔で握手を交わされました。3階西病棟では、患者様お一人ずつの20歳の頃のヒット曲をお届けし、懐かしい曲に大変盛り上がりました。2東病棟では、患者様同士がお祝いの拍手を贈り合うなど、和やかな雰囲気の会となりました。生活の中で様々な制限や自粛ムードが広がる中、患者様には変わらぬ笑顔でお過ごしいただけますよう、我々スタッフも尽力して参ります。

2020年3月19日 フラワーワーク

写真

桜の開花宣言が出されても世間ではなんとなくお花見自粛ムードが漂う中、ボランティアグループ『花遊友』の皆様の感染防止対策へのご理解とご協力により、フラワーワークを開催することが出来ました。今回は「春のアレンジ」ということで、優しい雰囲気のやスイートピーや可愛いパンジーなど、春の花壇をそのまま纏めたような明るく爽やかな作品でした。制作中から患者様の表情も思わず和らぎ、最後にボランティアの方の手作り蝶を添える際にはご満足そうな笑顔が見られました。それぞれのお花の特徴などのエピソードが紹介されると、以前生け花を習っていた頃もお花を1本ずつ大切に扱っていらしたことを思い出したと仰る女性患者様は、懐かしそうに丁寧にアレンジされていました。皆様に少しでもご気分転換いただけたなら嬉しく思います。

2020年2月8日・22日 患者様お誕生会

写真

2月は病院全体で33名の患者様がお誕生日を迎えられ、各病棟毎にお誕生会を開催しました。3東病棟は一番多い9名の患者様とご家族様がいらっしゃり、賑やかな会となりました。4西病棟ではご出席が女性患者様のみで、開始直前までそれぞれのお誕生会ご参加のため、特別にお化粧をされながら、華やかな雰囲気でお話を楽しまれました。2東病棟では男性患者様とご家族様がリードしてくださり、音楽コーナーを盛り上げてくださいました。3西病棟では2名様と小さな会でしたが、それぞれ奥様より1964年の東京オリンピックの思い出話をしていただき、患者様方が懐かしんでいらっしゃるご様子がとても心温まるお時間でした。どの病棟でも院長、師長からの感染予防対策の説明がされる中、ご家族様のご協力に改めて感謝し、患者様方の入院生活が少しでも潤うよう努めて参りたいと強く感じるお誕生会でした。

2020年1月11日・25日 患者様お誕生会

写真

冬の間は感染予防対策のため、お誕生会は病棟毎に開催しています。残念ながら高校生以下のお子様にはご出席いただけず患者様には寂しい想いをさせてしまうこともあり、大変心苦しく感じております。1月はお誕生日の患者様が病院全体で32名と、大変多くの患者様のお祝いをさせていただきました。3階中央病棟ではご参加の3名の患者様に院長がお一人ずつお祝いの言葉をおかけしました。それぞれの病棟デイルームでの開催となり、短時間でもお祝いしようと病棟スタッフが交代にお祝いを伝え、患者様もご家族様もご一緒に大笑いをされる場面もありました。寒い季節ですが院内では温かなひと時をお過ごしいただけたご様子で嬉しいお誕生会となりました。

2020年1月24日 お洒落クラブ(メイクボランティア)

写真

澄んだ青空が広がったこの日、今年初のメイクボランティアM.B.Lの先生方による『お洒落クラブ』が開催されました。この日は8名の患者様がお見えになり、ボランティアの皆様との会話を楽しんだり、目を閉じてマッサージを堪能したりと、思い思いに時間を過ごされました。初参加の男性患者様は少し緊張されているご様子でしたが、ハンドマッサージの施術中、ご一緒に参加された奥様とボランティアの先生との楽し気な会話の様子に、自然と表情も和らいでいらっしゃいました。以前も参加されたことのある女性患者様は、前回と同じボランティアの先生が担当だったこともあってか、柔らかい表情でたくさんお話になり、エステからお化粧までのフルコースを終えられるとニッコリと素敵な笑顔で記念撮影に応じてくださいました。まだまだ寒さ厳しくお肌も乾燥しがちな季節ではありますが、皆様の笑顔溢れる温かな時間となりました。

2019年12月18日(水)・21日(土)・23日(月)・25日(水) クリスマスイベント

写真

今年のクリスマスは、ボランティアの皆様のお力添えで、全病棟に生演奏をお届けすることが出来ました。18日、4階東病棟では、病院職員の金さんがお嬢様と一緒にデイルームにてミニコンサートを行ってくださいました。澄んだソプラノの、親子の息の合ったハーモニーが会場に響き渡りました。 4階西病棟では音楽療法でお世話になっている、内田道世先生と小熊かおる先生のミニコンサートを開催しました。お馴染みの楽しいクリスマスソングに患者様も笑顔で手拍子をされ楽しまれました。『アヴェ・マリア』が演奏されると、自然に一緒に口ずさまれる女性患者様、『きよしこの夜』を英語で口ずさまれる男性患者様も。それぞれの思い出も蘇るひと時にもなったご様子でした。 2階と3階では、各病棟毎に病院職員が病室を巡回、サンタ役の男性職員がご挨拶し、病棟スタッフも加わって、いつもよりにこやかな笑顔での記念撮影も行いました。そして、今年は7年ぶりに、4階の音楽療法でお世話になっている、内田先生と小熊先生によるクリスマスソングのピアノと歌の生演奏をお届けすることが出来ました。ご入院以来、ベッドから離床されていない患者様にとっては、病室や病室前の廊下での生演奏はお心に強く響いたご様子で、涙を流し感激された患者様もいらっしゃいました。サンタになってくださった患者様もいらっしゃり盛り上がった病棟もありました。患者様の楽しそうなご様子に職員も大変嬉しく感じながら、患者様との賑やかな楽しいクリスマスイベントとなりました。

2019年12月7日・14日 患者様お誕生会

写真

12月は病院全体で21名の患者様がお誕生日を迎えられ、7日と14日の2日間で、各病棟毎にお誕生会を開催しました。2階東病棟では患者様お二方だけで寂しい会にならないようにと内容を企画いたしましたが、その心配は不要でした。ご家族様がそれぞれお話かけされながら、ご一緒に歌ってくださった歌謡曲の思い出話等も登場しアットホームな場面が多く見られました。3階東病棟は患者様とご家族様で会場いっぱいに。院長挨拶で「ご家族様のご面会も治療の一環と思っています。」という言葉が実感できるように、ご家族様とお話をされることでお顔の表情が柔らかくなられる患者様が多くいらっしゃいました。3階中央病棟では、男性患者様ばかりの会でしたが、記念撮影時にはそれぞれのご家族様からお祝いのお言葉と優しいお声に、恥ずかしそうにカメラの方を向かれるご様子が印象的でした。4階病棟では、お一人ずつご紹介の際、いつもより大きなお声でお返事くださった患者様のお喜びのご様子に笑顔の輪が広がりました。

2019年11月30日 クリスマス飾りを作る会

写真

今年の『クリスマス飾りを作る会』では、7.5cm四方の両面折り紙を8枚使って、クリスマスリースを完成させました。8枚とも同じ形のパーツを作り、全てを組み合わせた後、ベルやろうそくの形をした折り紙を貼って仕上げるというもので、両面の色の組み合わせが多彩な折り紙の中からどれを選ぶかも楽しいところ。手先の器用さが自慢だとおっしゃる女性の患者様が、お隣の男性の方の分までパーツ作りをお手伝いくださったり、患者様よりも夢中になっている御家族様がいらしたりと、会の最後にはどのテーブルも華やかで温かみのある作品で溢れていました。教えてくださった折り紙ボランティアの福原様には、実はこの前日に行われたレクリエーション活動(カレンダー制作)にもクリスマスにちなんだ作品を御提供いただき、大変有難い限りでした。季節を感じることの出来るものは、何にしても人気があることを改めて感じた一日でした。

2019年11月28日 フラワーワーク

写真

冬の訪れが感じられる季節、今回は『お正月アレンジ』を制作しました。8名の患者様と2名のご家族様もご一緒に、餅花と水引きというおめでたいモチーフと、バラ・ユーカリなどの造花と本物に金色を重ねた松かさなどのアレンジをお楽しみいただきました。最後にボランティアグループの花遊友、山崎先生お手製の追羽根を様々な色から選んでいただき、加えてアレンジが完成しました。この追羽根には、女性患者様やご家族様が特に関心を持たれ、その材料がペーパーフラワーで使用する柔らかな紙から作られたことや、玉の部分はフラワー用のテープを巻いて作られたことに驚き、感心なされていました。師走を前に、ゆったりとお話をされながらの素敵なひと時となりました。

2019年11月22日 お洒落クラブ(メイクボランティア)

写真

奇数月に開催しております『お洒落クラブ』、今回は7名の患者様が参加されました。メイクボランティアの皆様の明るくお優しいお声掛けに、初めてご参加の患者様も直ぐに、入室時の緊張感が解れたご様子。ご入院前に美容院に通われた時のようなリラックスしたお話しぶりや、テーブルの上の鏡をご覧になる仕草がとてもチャーミングでいらっしゃいました。初めてのハンドマッサージを受けられ、施術後腕をタオルでふんわり巻かれると、お手を穏やかに眺めながら、いつの間にか温かさにうとうとされる患者様も。久しぶりにお化粧をされた患者様は記念撮影の際、手鏡で改めてお顔を見つめられ、華やかな笑顔をお見せくださいました。次回も、ボランティアの皆様との会話が弾み、楽しいひとときをお過ごしいただけたらと思います。

2019年11月16日 ロビーコンサート

写真

ハロウィンが終わり、街も少しずつクリスマスの雰囲気に彩られ始めている中、この日は今年最後のロビーコンサートが行われました。御出演は毎年恒例、神奈川県立麻生総合高等学校の合唱部の皆様です。午前中に大学の推薦入試を終えてきたという3年生の方、初めてのコンサートに『緊張したけど楽しかった』とお話になる1年生…部員の皆様それぞれにキラキラとした若さで、『ふるさとの四季(唱歌メドレー)』『ハナミズキ』『埴生の宿』『きよしこの夜』を聴かせてくださり、患者様も大変お喜びでした。今年度は、全日本合唱コンクールの神奈川ブロックで銀賞を受賞されたとのこと(昨年は銅賞)。その実力で、来年は『金』偏の右に何も付かない漢字の賞を目指していらっしゃるそうで、また一年後も素晴らしい歌声を楽しみにしたいところです。

2019年11月9日 患者様お誕生会

写真

11月は各階ごとにお誕生会を開催しました。3階では今年101歳になられた女性患者様が院長より、ご長寿お祝い状を贈呈され、お誕生会の間、何度も眺めていらしたお姿が印象的でした。また、懐かしいお囃子の音を聴いていただき、その後ご家族様に小太鼓演奏のご協力をお願いし『村祭り』を、皆様ご一緒にアカペラで歌っていただきました。手拍子も沸き、楽しい雰囲気でお過ごしいただくことが出来ました。4階西病棟は12月と合同で6名様で和やかなお祝いの会となりました。4階東病棟の11月の患者様は12月に合同開催とさせていただきます。2階東病棟では、リクエスト曲にご夫妻で手を取り歌われ、ご家族様が涙ぐんでいらっしゃいました。沢山のご家族様にもお越しいただき、ご一緒にお祝い出来ましたことに心より感謝いたします。

2019年10月19日 患者様お誕生会

写真

この日は病院全体で25名の患者様のお誕生日を3会場でお祝いしました。前日から雨が降りお足元の悪い中、たくさんのご家族様がご出席になり、手を取ってお祝いのお言葉を伝えられるご家族様や、久しぶりにひ孫様に逢えた瞬間の患者様の笑顔がとても印象的でした。記念撮影の後は、懐かしい音楽をお楽しみいただきました。今回は普段のレクリエーションでも取り入れているリズム手指体操を、ご家族様にもチャレンジしていただきました。『リンゴの唄』の歌詞の中から“リンゴ”のワードを探し、歌に合わせてOKサインを出して頂くという内容でしたが、ご夫婦で手を合わせてリンゴの形を作ってくださる等、とても和やかな雰囲気となりました。台風によって各地で甚大な被害が出た中、改めて家族の大切さを感じる一日となりました。

2019年10月5日 ロビーコンサート

写真

静かなロビーに、サティー作曲の『ジュ・トゥ・ヴ』の柔らかなピアノの音が流れ始め、さぁ開演です。この日は、当院でのご出演が7回目となる、耳鼻咽喉科医そしてピアニストの萩野仁志先生と、2度目の御出演、ヴォーカリストの須田晶子様によるジャズの世界をお楽しみいただきました。2曲目、お馴染みの『カントリー・ロード』では、須田様の明るい美声に軽く指でリズムを刻まれる観客席の皆様。『テネシー・ワルツ』は英語での演奏、澄んだ歌声が会場いっぱいに響き、患者様とご家族様もうっとりしていらっしゃいました。ご一緒に歌いましょうのコーナーでは、いつもと違うジャズ風のお洒落な響きが心地良く、『赤とんぼ』『故郷』『浜辺の歌』を大きなお声で歌われる男性患者様も多くいらっしゃいました。ロビーがライヴハウスのような雰囲気になり、患者様方もリラックスされているご様子に、スタッフも思わず笑顔になりました。最後は『見上げてごらん夜の星を』で皆様のお気持ちが溶け合うような素敵なコンサートとなりました。

2019年9月27日 お洒落クラブ(メイクボランティア)

写真

今月のメイクの会には、8名の患者様(内男性がお二方)がお見えになりました。眠気を誘うような午後の時間帯でもあり、ボランティアの皆様によるお顔のマッサージの気持ち良さに、思わずうとうとしてしまう方も。それでも、口紅を付ける際にはしっかりと目を開かれ、御自身で色を選び、鏡を見つめておいででした。また男性の患者様は、手とお顔のマッサージを受けながらボランティアの方と会話を楽しまれていたのですが、その途中で、『頭までやってもらえたら、また髪が生えてくるかもしれない』とおっしゃり、周囲を笑いの渦に巻き込んでくださいました。秋から冬にかけての空気が乾燥する時期、これからはいっそう保湿が大事になるとのこと。心まで潤うひとときとなりました。

2019年9月21日 患者様お誕生会

写真

台風の影響が心配された中、穏やかな秋晴れとなり、沢山のご家族様もご一緒に、9月生まれの患者様25名のお誕生会を開催しました。2階病棟では、記念写真撮影に手を取り合うご夫妻や、ご家族様で微笑み合うご様子が多く見られました。4階病棟では、お誕生会後半のカラオケタイムがお好きな患者様のリードで大変盛り上がりました。3階全病棟合同の会では、『有楽町で逢いましょう』を歌われながら、懐かしく感激されたと涙を流しながら歌われた男性患者様が印象的でした。また、ご都合悪くご欠席のご家族様に代わりに、お席がお隣の患者様にお話しながら過ごされたご家族様もいらっしゃり、お優しさに胸が熱くなりました。その温かな雰囲気でレクワーカーからのお祝いの曲、トーンチャイム演奏の『故郷』は、会場の皆様の歌声も響き合う、お祝いと感謝の想い溢れるお誕生会となりました。

2019年9月19日 フラワーワーク

写真

秋らしい爽やかな青空が広がったこの日、ボランティアグループ『花遊友』の3名の先生方によるフラワーワークが開催されました。今回は黄色いバラや胡蝶蘭、ワイルドベリーなどの造花を使った『秋バラと胡蝶蘭のリース』を制作しました。5名の女性患者様と2名の男性患者様が参加され、初参加の男性は「何を作るの?」と興味津々。「今日はこのようなリースを作りますよ」と完成品をご覧いただくと、「とても綺麗だ」と感心されたご様子。患者様自らお花の配置をお考えになり、先生方にお手伝いいただきながら丁寧に飾りつけていきます。毎回ご参加くださる女性患者様は、「作品は気に入りましたか?」と先生にお声をかけられるとニッコリ笑顔で拍手をされ、会場は和やかな雰囲気に包まれました。華やかなお花に囲まれ、充実した時間となりました。

2019年9月14日 敬老のお祝いイベント

写真

今年、喜寿以上の年祝いをお迎えになられた患者様は59名。101歳以上の3名の患者様が代表で院長よりお祝いの色紙が贈呈され、素敵な笑顔を見せてくださいました。その後、ご出席の皆様にもお祝いのカードが看護師より贈呈され和やかな雰囲気の中、今年は『パンナ・パンナと中谷典生』の6名の皆様をお迎えし、珍しい楽器が登場しました。外側はドラム缶を輪切りにしたような形の『スティールパン』。最初は不思議そうにご覧になっていた患者様方も、心地良い音色に自然にリズムを刻まれ、お身体を揺らしていらっしゃいました。ディズニーの“モアナと伝説の海”の『どこまでも』から始まり、『いつも何度でも』、そして『恋のバカンス』では患者様やご家族様、サポートボランティアの皆様がマラカスや鈴での共演に大変盛り上がりました。最後はディズニ―の“リトルマーメイド”から『アンダー・ザ・シー』に会場いっぱいの手拍子で華やかに幕を閉じました。病院職員一同、心より患者様のご長寿をお祈りいたします。

2019年8月24日 ロビーコンサート

写真

連日の雨から一転、夏らしい青空となったこの日、5回目のご出演となる中嶋美穂様と吉田和子様によるロビーコンサートが開催されました。金子みすゞの詩による歌曲「わたしとことりとすずと」をはじめ、患者様にもお馴染みの愛唱歌、そして「水色のワルツ」等の流行歌を演奏してくださいました。日本語の詩を大切に歌い上げる中嶋様の美しい歌声、そして吉田様の優しいピアノの音色に、あっという間に惹き込まれました。何週間も前から楽しみにされていたという患者様は、最前列で鑑賞され、力強いグーサインとたくさん拍手をされていたのが印象的でした。昔ピアノを弾かれていたという女性患者様はお嬢様とご一緒に参加され、「聴くことができて良かった、素晴らしい演奏だった」との嬉しいお言葉をいただきました。美しい音楽を堪能できた贅沢なひと時となりました。

2019年8月3日 患者様お誕生会

写真

8月のお誕生会当日は、朝から厳しい暑さとなったにもかかわらず大勢の御家族様がお集まりくださいまして、院内全体で22名の患者様(最年長は98歳の女性)のお祝いをすることが出来ました。4階では今回、ケーキやプリンを召し上がれる方が多く、皆様口々に『美味しい!』とのお言葉。3階の会場では、『暑い中を面会に来るのは大変だけど、顔を見ると安心します』と笑顔の御家族様もいらして、嬉しい限りでした。夏休み真っ盛りということもあって、この時期はお子様方の御来院も多く見受けられ、2階の会場では毎年お誕生会にお見えになるひ孫様方の成長ぶりに、私共も驚かされました。

2019年7月26日 メイクボランティア

写真

久しぶりに青空が広がり、夏の雲が浮かんだ午後、この日は7名の女性患者様と1名の男性患者様が参加されました。初参加の男性患者様はハンドエステの後「メイクも楽しそうだね、やろうかな。」とボランティアの方々とのお話が弾み、ご入院前のカラオケ大会でのお写真を見せてくださいました。ハンドエステ施術後は、夏でもエアコンの影響もあり乾燥しがちなお肌も、しっかり保湿されつるつるになられていました。メイクをなさる女性患者様のほとんどの方々が口紅をつけられる時にはお口元をきゅっと整えられ、凛とした表情になられます。その後、鏡をご覧になると一気に表情が和らぎ再びボランティアの方と笑顔いっぱいでお話になるご様子に大変嬉しく感じました。

2019年7月20日 ロビーコンサート

写真

7月のコンサートにお越しくださいましたのは、ハワイアンミュージックバンド『Kalua Lani(カルアラニ)』の6名の皆様です。メンバーのおひとりが、以前別の音楽グループで御出演になったことがあり、その御縁で今回のコンサートが実現しました。歌・ウクレレ・スティールギター・サイドギター・ベースという編成で、『ブルーハワイ』『タフワフワイ』『サンゴ礁の彼方』や、『瀬戸の花嫁』『我は海の子』などを演奏していただき、ゆったりとした癒しのリズムに、多くの患者様がお身体を揺らして楽しまれ、『海が見える!』と話された方もおいででした。その様子を御覧になったサポートボランティアの皆様いわく、『患者様の世代は、初めての海外旅行先がハワイだったという方もいらっしゃるのではないか』。梅雨明けが待たれる一日、一足早く夏を満喫したひとときでした。

2019年7月13日 患者様お誕生会

写真

梅雨明けが待ち遠しい肌寒い午後でしたが、3階中央病棟での3階合同お誕生会は、お子様を含む沢山の御家族様もご一緒にお祝いされ大変賑やかな開催となりました。7月のお誕生日の患者様は病院全体で16名です。歌のコーナーでは御家族様から「よく歌っていた曲ね」とお声かけされ恥ずかしそうにされる男性患者様や、お孫様からの手書きの読みやすいようにと文字の大きなお手紙に目を細められる患者様とその横の笑顔いっぱいのお嬢様、その光景を優しく見つめられる周りの患者様方との微笑ましいご様子が印象的でした。4階病棟では恒例のくす玉割りも行われ、おめかしをされた患者様方がご一緒にデザートを楽しまれました。

2019年7月3日  七夕飾りを作る会

写真

季節感を味わえるイベントとして、毎年患者様がお喜びくださっている『七夕飾りを作る会』。講師に折り紙ボランティアの福原春様をお招きして、3枚の折り紙を組み合わせて作る2種類の飾り(星・六面体)を教えていただきました。六面体は、最後に立体にするところが少々難しいため、ある患者様が『上手に出来ないかもしれない…』とおっしゃっていましたが、スタッフが少しお手伝いしましたところ、仕上がりに満足気なお顔を見せてくださいました。七夕の笹を飾りますのは7月8日までの短い期間ですが、多くの皆様に御覧いただきたいと思える見事なものとなりました。

2019年6月22日 患者様お誕生会

写真

今月お誕生日を迎えられるのは、病院全体で18名の皆様です。最年長の99歳の患者様をはじめとして、90代の方が8名もいらっしゃいました。4階では、男性の患者様がユーモア溢れるお話で場を盛り上げてくださり、大変和やかな雰囲気に。他のフロアでは、手拍子と共に歌声が響く様子をガラス越しに見学される方もおいででした。また、この日のために遠方からお越しいただいたという御家族様は、お孫様もお連れで、記念写真におさまる皆様の笑顔がとても素敵でした。来年も変わらずこうして皆様のお祝いの日を御一緒したい、そう願わずにはいられない一日となりました。

2019年6月20日 フラワーワーク

写真

6月のフラワーワークでは、ブルーのアジサイを中心に、バラやデイジーなどで彩られた夏らしいアレンジメントを作りました。患者様が会場にお揃いになるのを待つ間に、アジサイは何色がお好きかをお尋ねしましたところ、男性の方は皆様濃い色をお示しに。女性の方からは『きれいであれば何でも』というお声も上がって、その場にいらした御家族様やボランティアの方々も深くうなづいておられました。話題はアジサイの名所にまで広がり、その内に素敵なアレンジが完成!作品作りだけでなく、色々な形で皆様が楽しんでくださる御様子は、こちらにとっても嬉しいものです。

2019年6月15日 ロビーコンサート

写真

関東も梅雨入りとなり、柔らかな雨に新緑が色濃く濡れたこの日は、ロビーコンサートを開催し、安原道子様(声楽)、山江洋子様(ヴァイオリン)、守谷博美様(ピアノ)のお三方による華やかなハーモニーを患者様にお楽しみいただきました。サーモンピンクと黄色・水色・藤色の鮮やかなドレスは紫陽花をイメージされているとのことで、季節にピッタリのご衣裳に、患者様も思わず笑顔を浮かべられ引き込まれていくご様子。透き通ったソプラノと共に日本語と原語で『歌の翼に』『菩提樹』などが歌われ、声楽をされていた患者様も思わずドイツ語で口ずさまれていました。ピアノを弾かれていた方も、音に合わせて指を動かされ、ご一緒にお聴きのご家族様もそのご様子に嬉しそうなご表情。ヴァイオリンのご経験のある患者様は、美しい旋律に「迫力があって、聴けて良かった。」と涙を浮かべておられました。それぞれソロでの演奏もご披露くださり、アンコール曲『虹の彼方に』を含む11曲の演奏に、患者様より大きな拍手が送られました。

2019年5月25日 患者様お誕生会

写真

この日はお誕生会を開催し、5月生まれの25名の患者様がご出席になりました。3階西病棟・2階東病棟合同の会場では、女性患者様にお祝いのケーキをご用意すると「デザートが出るとは思わなかった!」と思わずニコリ。ご一緒に参加されたご主人様と楽しそうにお召し上がりになりました。お嬢様と一緒にご参加くださった女性患者様は、ゴールドのイヤリングをお召しになった華やかな装いでお越しくださり、そのお姿に会場もパッと明るくなりました。3階中央病棟・3階東病棟合同の会場でも、たくさんの患者様とご家族様がご参加くださり、音楽のコーナーでは『知床旅情』や『ふるさと』などをおかけし、皆様のハーモニーで包まれました。4階全病棟の会場ではご希望の男性患者様にはベストや帽子を、女性患者様にはお化粧をしていただきます。お互いの華やかなお姿をご覧になり、「おめでとう」と楽し気にお声を掛け合われ、和やかな会となりました。

2019年5月24日 メイクボランティア

写真

心地よい風に若葉が揺れる爽やかな天気の中、メイクボランティアM.B.Lの4名様による『お洒落クラブ』が行われました。この日は、6名の女性患者様が参加され、ハンドエステやフェイスエステ、メイクをお楽しみになられました。以前も参加されたことのある患者様は、華やかなピンクのユニフォームを着たメンバーの皆様をご覧になると思わず笑顔に。「私、また来たかったの!」と嬉しそうに仰られ、会場を和ませてくださいました。初めて参加された患者様も最初は緊張されたご様子でしたが、ハンドエステをしながらボランティアの方とのお喋りに花が咲き、「気持ちいいわ。」と徐々にリラックスされていったご様子でした。メイクをされた女性患者様は、フェイスエステでお肌を整え、頬紅や口紅をされたお姿をしばし鏡で見つめられると、大きく頷かれ明るいご表情に。お部屋へお戻りになる際も、スタッフに楽し気に手を振られました。

2019年5月18日 ロビーコンサート

写真

この日のロビーコンサートのご出演は、男声四重唱『グルーヴィー・グランパーズ』の皆様(筒井博史様・西野力様・菊谷泰夫様・西田和夫様)とピアニストの米田恵子様です。今回で7回目となる素敵な歌声を患者様にお楽しみいただきました。『津軽海峡冬景色』や『川の流れのように』など歌謡曲や、イタリア民謡『帰れソレントへ』など幅広いジャンルながらも、患者様のお好みを熟知された10曲を披露くださいました。昨年、メンバー皆様の合計年齢が300歳を超え、益々息の合ったハーモニーに、会場の皆様は楽し気にお聴きになられていました。普段、歌唱は遠慮される女性患者様も、一緒に歌いましょうのコーナーで『高校三年生』が流れると思わず口ずさまれ、その後もご存知の曲に手でリズムをとられていました。アンコール曲『斎太郎節』では、会場に手拍子が響き渡り、迫力のあるフィナーレとなりました。

2019年4月20日 ロビーコンサート

写真

4月は、今回で7度目のご出演となります、ピアノ連弾のデュオ・アルディートのお二方(一木未早様、板橋敦子様)。プログラム最初の曲は、ブラームスがドイツ詩に曲を付けた『愛のワルツ』。一木様の趣向を凝らした演出により、楽曲の前に音楽療法士・佐々木良江先生の朗読が始まると、今までにない形に、患者様もご関心深く聴き入られていました。朗読が終わって、患者様方からの大きな拍手の中、ご出演のお二方が色違いのシックなドレスで登場され、軽やかにピアノ連弾の演奏が流れました。続いては人気TVドラマの主題歌である星野源『アイデア』、ボサ・ノヴァの名曲ジョルジュ・ベン『マシュナケダ』、そしてリスト『ハンガリー狂詩曲』など幅広いジャンルによるプログラムに、患者様やご一緒のご家族様も拍手だけでなくお身体を使ってリズムを取られ、演奏に引き込まれたご様子。皆さんで歌いましょうのコーナーでは『春が来た』『朧月夜』『ふるさと』などお馴染みの唱歌の数々に、だんだん歌声が広がって行き、皆様の楽しそうな笑顔溢れるコンサートとなりました。

2019年4月13日 患者様お誕生会

写真

この日はお誕生会を開催し、4月にお生まれになられた22名の患者様にご出席いただきました。4階病棟では鮮やかな赤いチューリップが飾られ、テーブルを華やかに彩ります。院長が患者様のご紹介をしますと、大きな拍手が巻き起こり、温かな雰囲気に包まれました。当院では100歳以上の患者様へ院長より『ご長寿お祝い状』をお贈りしており、内科病棟では今月お二方が贈呈を受けられました。今年102歳のお誕生日をお迎えになり、現在当院最年長となられた女性患者様は、お祝い状を両手でしっかり受け取られるとにっこり笑顔を浮かべられ、お辞儀を返してくださいました。今年で100歳となられた男性患者様は、お祝い状をご覧になると涙ぐまれ、ご家族様とお喜びの表情を交わされました。たくさんのご家族様にお集まりいただき、音楽のコーナーではどの曲も楽し気な歌声でお歌いになり、とても賑やかなひとときとなりました。

2019年4月2日 サロンコンサート

写真

春の花が華やかに花壇を彩ったこの日、麻生総合高等学校合唱部の皆様による、合唱のコンサートを4階西病棟の患者様にお楽しみ頂きました。この日は10名の部員の皆様と、OGの方、指揮者の先生、ピアノ伴奏の先生が、瑞々しい歌声で全7曲をご披露くださいました。『春の小川』『もみじ』など四季それぞれの唱歌6曲をメドレーにした『ふるさとの四季』では、お馴染みの曲の数々に、ご一緒にお歌いになる患者様やご家族様がたくさんいらっしゃいました。『埴生の宿』や『心の瞳』など、美しいハーモニーが続き、涙される患者様もおられ、ご一緒に鑑賞された奥様も嬉しそうなご表情。最後に男性の患者様が代表して、合唱部の皆様に御礼状をお渡しされると、会場一杯の拍手が巻き起こりました。アンコールでは無伴奏での『花』の歌唱に、手や足でリズムを取られる方、指揮者のように腕を動かされる方など、思い思いにお楽しみになっていました。

2019年3月30日 ロビーコンサート

写真

今年初のコンサートには、当院4階病棟でのコンサートにソロで2回お越しいただいたことのある中川裕佳子様(ピアノ・歌)と、中川様と様々な場所で共演されている和田麻里様(ピアノ)のお二方がロビーで初出演くださいました。『この道』『さくら横丁』『すみれの花咲く頃』では中川様の透き通った歌声に、ご一緒に思わず笑顔で口ずさまれる患者様もいらっしゃいました。和田様によるピアノ独奏『幻想曲 さくらさくら』『華麗なる大円舞曲』では、神秘的な雰囲気と華やかな演奏に皆様聴き入られたご様子。『365歩のマーチ』では、中川様のリードで患者様もご家族様と鈴やカスタネットなどの打楽器をお持ちになり、楽しそうにリズムを刻まれました。中川様によるピアノ独奏『ケ・セラ・セラ』『愛の夢』は会場全体が優しい音色に包まれ、春の雰囲気溢れる素敵なひとときをお過ごしいただきました。

2019年3月23日 患者様お誕生会

写真

この日は、3月生まれの患者様のお誕生祝いをいたしました。4階西・東病棟ではご希望により、女性患者様にはお化粧を、男性患者様は帽子をお被りになった華やかな装いでご参加いただきます。鏡でそのご様子をご覧になると、皆様思わず笑顔を浮かべられました。院長より患者様の紹介が行われますと、温かな拍手が贈られ、アットホームなひとときをお過ごしいただきました。3階中央病棟では、ご家族様も大勢お集まりになり、記念撮影の際には肩を寄せ合い、楽し気にお声がけをされ、撮影に応じてくださいました。3階西病棟でも患者様・ご家族様が会場一杯にお集まりになり、音楽のコーナーで『ブルー・シャトウ』『異邦人』をおかけしますと、男性患者様がマイクを手にお歌いくださり、懐かしそうに涙を浮かべておられました。患者様とご一緒に歌詞カードを持たれたご家族様の歌声も響き、大変明るい会となりました。

2019年3月22日 メイクボランティア

写真

桜の開花宣言に春本番を感じる穏やかな日、『お洒落クラブ』を行いました。メイクボランティアM.B.Lの5名様の鮮やかなピンクのユニフォームで、会場は明るい雰囲気に。少し緊張気味の患者様が徐々に美容サロンで過ごされるようにゆったりとした表情になられるご様子に、スタッフも喜びいっぱいになります。卓上の鏡を前にすうっと背筋を伸ばされる女性患者様のお化粧が終わる頃、ご面会にみえたご主人様が「おおっ!」と、とても嬉しそうになさり、ご一緒に笑顔の記念撮影をされました。ハンドエステを楽しまれた男性患者様は、ボランティアの方に冗談を仰って周りを笑わせてくださったり、久しぶりに鮮やかな口紅をつけられた女性患者様が、病棟スタッフからの歓声に嬉しそうにお応えになられるご様子を拝見し、あらためて貴重なお時間であることを感じるひと時でした。

2019年3月14日 フラワーワーク

写真

この日は『花遊友』の3名のボランティアの皆様によるフラワーワークが行われ、女性5名と男性2名の患者様がフラワーアレンジメントを楽しまれました。年4回、季節ごとに行われる中、今回のテーマは『春のアレンジ』。八重桜、バラ、オンシジューム、ジャスミンがあしらわれ、淡く優しい春の色合わせに、皆様「素敵!」と笑顔に。ボランティアの方よる花言葉や和歌などのご紹介の際、皆様ご関心深い様子で頷かれ、挿す位置を一緒に悩まれた女性患者様は、完成するとその出来栄えに思わずにっこり。男性患者様はお二方ともお花を活けたことはあまりないと仰られましたが、迷いなく作成されました。桜の開花を目前とした日和の中、一足先に春のお花をご堪能されました。

2019年3月9日 患者様お誕生会

写真

3月は2週にわたってお誕生会を開催いたします。4階東病棟では延期とさせていただいていた、1・2月がお誕生月の皆様をお祝いをしました。会場一杯に患者様・ご家族様にお集まりいただき、開始前から皆様の笑顔が溢れています。『ハッピーバースデー』をおかけすると、会場一杯に皆様の歌声と手拍子が広がりました。ご出席の方の中で最高齢の患者様にお祝いのくす玉を割っていただくと、「おめでとう!」と温かなお声がけが飛び交いました。2階東病棟では、その会で最高齢の女性患者様がお嬢様とお祝いのデザートを召し上がられ、その後お二人で和やかに記念撮影に応じてくださいました。恒例の音楽のコーナーで季節の唱歌から『仰げば尊し』を流しましたところ、年代を超えて歌い継がれる曲に患者様・ご家族様も皆様懐かし気にお歌いになられました。3階東病棟では『春の唄』をおかけしますと、歌声喫茶のように患者様やご家族様の華やかな歌声が響き、賑やかな会となりました。

2019年2月23日 患者様お誕生会

写真

この日は2階東病棟の患者様のお誕生会を開催。二部に分かれ、8名様のお祝いをいたしました。前半では、たくさんのご家族様が早くからお越しくださり、「おめでとう。」というお声がけに楽し気にお過ごしになる患者様もおられました。音楽のコーナーでは、デイサービスなどでも流行している『星影のワルツ』の替え歌『幸せのワルツ』をご紹介したところ、「素敵な歌詞ね。」と皆様にお歌いいただき、優しい歌声が会場を包みました。後半もたくさんのご家族様が参加され、『ブルーライト・ヨコハマ』をおかけしますと、男性患者様は「懐かしいね。いい歌声だ。」と嬉し気にされました。。記念撮影では、ご家族様や病棟スタッフと共に、患者様も穏やかななご表情で応じて下さり、皆様、温かなひとときをお過ごしになりました。

2019年2月16日 患者様お誕生会

写真

立春を過ぎて、なお各地で雪が降ったこの日、2月生まれの患者様のお誕生日をお祝いいたしました。4階西病棟では、女性患者様が多く華やかな雰囲気。お祝いのデザートを召し上がり「おいしいわ。」「ありがとう。」と皆様笑顔に。その後のカラオケ大会は、女性患者様の爽やかな歌声による『リンゴの唄』に始まり、皆様楽しそうに歌われました。3階中央病棟では、ご家族様もからの「おめでとう。」と優しいお声がけが溢れました。また、男性患者様はおかけしたどの曲も歌って盛り上げてくださいました。3階東病棟では、多くの患者様とご家族様で会場がいっぱいとなり、とてもアットホームな雰囲気。院長による患者様のご紹介では祝福の拍手が溢れます。音楽のコーナーでは『スキー』『また君に恋してる』などおかけすると、女性患者様は手でリズムをとりながら笑顔で過ごされました。最後に『ふるさと』をご出席の皆様とスタッフ皆で歌唱、打楽器演奏をし、会場が温かな一体感に包まれました。

2019年1月26日 患者様お誕生会

写真

この日は3、4階の1月生まれの患者様のお誕生会が開催され、皆様のお祝いをさせて頂きました。4階西病棟では、テーブルに飾られた水仙の良い香りと共に、お誕生日のデザートを召し上がられ優雅な雰囲気。恒例のカラオケ大会では、男性患者様が『青い山脈』を歌われ、皆様の手拍子が響き渡ります。続いて女性患者様より「私は『高校三年生』が歌いたいわ。」とのリクエストがあり、きれいなソプラノの歌声と共に皆様楽し気にお歌いになられました。3階中央病棟では多くの患者様とご家族様が参加され、音楽のコーナーでは『君恋し』や『蘇州夜曲』などに「この曲懐かしいわね。」など、楽し気にお話しされていました。3階西病棟では会場いっぱいに患者様とご家族様にお越し頂きました。音楽のコーナーでは『有楽町で逢いましょう』が流れると「この曲よく歌っていたね。」とご家族様も懐かし気にご一緒に歌ってくださる場面も。『黒猫のタンゴ』では皆様にタンゴのリズムの手拍子と歌で盛り上げて頂き、賑やかな会となりました。

2019年1月25日 メイクボランティア

写真

今年初の「お洒落クラブ」には、8名の患者様と4名の「メイクボランティアM・B・L」の皆様方がご参加。冬晴れが続き、空気やお肌も乾燥するこの季節、皆様にフェイスエステやお化粧等をお楽しみいただきました。男性患者様は、初めてのハンドエステに少し照れたご様子。ご一緒に参加された奥様と顔を見合わせていらっしゃいましたが、施術中は心地よさにうっとりしたご表情。お顔色も温かな薄紅色になり血行が良くなられたようでした。以前も参加されたことのある女性患者様は「お化粧が好きなの!」とこの会を楽しみにしてくださっていたとのこと。鏡でお化粧の具合を真剣な眼差しで確認され、口紅を塗った唇をペーパーで落ち着かせると、仕上がりに溢れるような笑顔で頷かれておられました。別の女性患者様は、参加された他の患者様のお化粧の仕上がりにも「いいじゃない!」「素敵じゃない」と楽しそうにおっしゃられ、ご自身もお召しになられていたベストに合う口紅の色に「やっぱりお化粧はいいわね。」と笑顔を浮かべられました。

2019年1月19日 患者様お誕生会

写真

1月は2週に亘りお誕生会を開催いたします。この日は2階東病棟のお誕生会に7名の患者様がご出席。多くのご家族様もご参加になり、『ハッピーバースデー』をおかけすると「お母さん、おめでとう!」という掛け声が優しく飛び交いました。歌のお好きな患者様方、音楽のコーナーでは『冬景色』をおかけすると歌詞カードをご覧にならなくても歌われる方が多くいらっしゃいました。リクエストの『ここに幸あり』『テネシーワルツ』では曲の流行した頃を思い出されたのか、涙ぐまれる方も。お祝いのデザートのプリンを召し上がられた患者様は、「おいしかったわ」と笑顔を浮かべられるなど、温かな会となりました。

ページのトップへ戻る